「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

トルコの紅茶「Çay(チャイ)」を学ぶ

Merhabaメルハバ!(こんにちは!)

今日のEriさんの紅茶教室のご報告。
テーマはトルコのÇay (チャイ)。
トルコは私にとってはちょっぴりなじみの深い国なので、
とっても興味深いテーマです。
(トルコ滞在記は過去の記事で>>>
タイムリーに、いろいろニュースを賑わせてますけどね(苦笑)。
それはさておき…な今日のお教室でした!

c0222952_23472210.jpg


















今日はトルコらしく、ブルーを基調にした
エキゾチックなテーブルセッティング。
Eriさんの紅茶のお道具コレクションはいつも驚きます。
チャイを淹れるための2段のポット「チャイダンルック」、
そしてチャイハネ(チャイやさん)がチャイを運ぶときに使う
トレーまでも!さすが・・・!

c0222952_23472323.jpg


















まずはトルコの薔薇ジャムをヨーグルトに添えて
いただきました。花びらも入ってます。
薔薇の香りって、若い頃はあまり好きじゃなかったのですが、
歳とともに好きになっていく…おいしすぎる。
Eriさんオススメのブルガリアのもいつか食べてみたいな。

お菓子はトルコの銘菓「バクラヴァ」。

c0222952_23472379.jpg











お土産でもらったりして食べたことある人、多いのでは??
ピスタチオを使ったあま〜いパイ菓子です。
このバクラヴァはパイ菓子の原型と言われていて、
これがなかったら、今のアップルパイやミルフィーユなんて
なかったかも〜!
今日のバクラヴァは、Eriさんがトルコ料理店からお取り寄せした
手作りのものだそうで、
たしかに甘いんだけど、私はけっこう好きです〜!
もっと強烈なシロップひたひたのお菓子を現地で食べたので、
これぐらいは全然イケル!!(笑)。

c0222952_23472297.jpg


















さて、紅茶の方は…
トルコ・リゼ産の茶葉を使って、
チャイダンルックの上段でじっくり蒸らして濃い紅茶を作り、
お好みで下段のお湯を差して薄めていただきます。
もちろん、角砂糖も忘れずにね。
やっぱりトルコのチャイにはお砂糖がよく合います。

そして、今日のためのナチュールさんのデザート、
トルコ産のドライフィグをたっぷり焼き込んだ
タルトでシメです。

c0222952_23472398.jpg


















ドライフィグだけじゃ甘くなりすぎるところを
フランボワーズを忍ばせて酸味をプラスしたり、
上部をダコワーズ生地で仕上げてナッツで変化をつけたり、
さすがナチュールさん。
シンプルな焼き菓子でも十分楽しめて美味しかったです。

チャイをいただくときのちょっとしたマナーなど
知らないこともたくさん教えてもらい、
今日もいい勉強になりました。
Eriさんありがとうございました。
Eriさんの背中を追いかけてがんばろー!

トルコ、また行きたいな。
どうかトルコに平和が戻りますように・・・
[PR]
by chetea | 2013-06-18 23:58 | お茶 | Comments(6)
Commented by chocottie at 2013-06-28 16:52
むうぅぅ。バクラバ…。じゅるり。
A国に住んでた時、近所に中近東のファーストフードがあり、バクラバ、どれでも10個、千円!みたいなのがあって、大好きでよく食べました…
ああ、羨ましい…
Commented by chetea at 2013-06-28 21:31
chocottieさま

へ〜、A国でもそんな身近なところでバクラバが食べられたんですね〜!どれでも10個で…ってことは、いろんな種類のがあったのですね。最初はうわぁ甘いな…なんて思ってても、気づいたら意外とクセになる味だったりして、ね。
Commented by chocottie at 2013-06-29 09:52
微妙に味や形が違い、名前も違っていましたよ。きっとあれですよ。日本の和菓子屋さんへ外国人が入ると、いまいち見分けがつかないような感じでは?
A国は移民大国家なので、世界の主要な国の飲食店や雑貨店があるんです。だからA国って結構グルメなお国なんですよ。
Commented by chetea at 2013-06-30 07:40
chocottieさま

移民大国家、なるほど〜。そういうところに一度住んでみたい!
そう考えると、A国オリジナルのもの、の方が珍しいのかな。
Commented by chocottie at 2013-06-30 16:09
A国のオリジナルは…あるのかしら?笑
アボリジニの方々が先住民なので、その方々が召し上がるものが、オリジナルなのかもしれないですが。
ケーキ類は、驚くほどマズイので、ちいさんには勉強にならないでしょうねえ…
Commented by chetea at 2013-07-01 09:48
chocottieさま

そう、先住民はアボリジニですものね…。私の知人でも、昔A国に留学中、ホームステイ先のママからケーキを習ったらしいけど、甘くて食べられないと言ってました(苦笑)。
<< 雨の日のピンク 初夏の庭から >>