ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

古刹で紅茶を。

【古刹(こさつ)】…名高く由緒ある、歴史の古いお寺のこと。

能登・穴水町の「来迎寺」は9世紀から続く真言宗の古刹。
樹齢600年の菊桜でも有名なお寺。
町のはずれの、野山に囲まれた静かなところに、
そのお寺はあります。

お友達の、ヨガインストラクター+ネパール料理教室の先生の
デビさんが、このお寺で定期的にヨガ教室をしているのですが、
今回は「ヨガと精進料理と紅茶の会」という特別企画。
おいしい紅茶を淹れに、来迎寺さんへおじゃましてきました。

菊桜の季節は過ぎましたが、シャクナゲが咲き、
苔むす裏庭の新緑がつくる木陰と射す光のコントラストは
とても美しく、ただそこにいるだけでも心が洗われます。

ヨガで気持ちよく身体を動かし心を整え、
お寺の奥様が丁寧に作ってくださった、
野山の恵みや季節の野菜をふんだんに使った精進料理を
召し上がった参加者のみなさん。
さらにそのあと紅茶の会と続くので、長丁場でお疲れでは?と
心配してましたが、とても興味深く紅茶のお話をきいてくださり、
ゆったりとお茶を楽しんでいただけたようです。
雰囲気がいいと、お茶も一層おいしく感じられますね。
そして、デビさんはじめ、みなさんとても明るく楽しい方ばかり!
いっぱい笑いました〜

c0222952_1448824.jpg



















普段使いのオーソドックスなスリランカ・ディンブラの新茶と、
デビさんの故郷ネパールの、貴重なハンドロール(手揉み)紅茶。
違いの大きい2種の紅茶でしたが、
美しいハンドロールの茶葉、香り立ちの良さから、
ネパールの紅茶に軍配があがったようです。
お寺のお水は地下70mからくみ上げる井戸水とお聞きして、
どうなるかしら、と思いましたが、
ちょっとの微調整でおいしく淹れられたかな〜

c0222952_14481458.jpg
c0222952_14481187.jpg
c0222952_1448162.jpg




































帰り際、お寺の奥様と少しだけおしゃべりさせてもらいました。

めっきり人が少なくなった能登の地に立つお寺。
ここにこうして人が集ってくれることが嬉しい。
寺の人間がこんなこというのもなんだけどね、
今の時代、毎朝毎晩仏様にお参りするなんて、できっこない。
いつもいつもじゃなくていい。
そんなに信心深くなくてもいい。
朝起きたときでも、トイレに入ったときでも、
ほんのふとしたときに、
ああ、こうしていられるのはありがたいなって、
ひとりでそっと手を合わせる気持ちがあればいい。

そう言ってニコニコ微笑んでいらっしゃいました。
帰り道、なんだかとても清々しく、温かい気持ちで
帰ってこられたのは、
このお寺に来られて、こんないい時間を過ごせたからこそ。

ご参加くださったみなさま、
そして声をかけてくださったデビさん、
お寺の奥様にも、心からありがとうございました。
(合掌)
[PR]
by chetea | 2016-05-15 14:53 | お仕事 | Comments(0)
<< 5月のレポート+6月のレッスン日程 5月のレッスンのご案内 >>