ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

フランス・ママンのおやつ

今日はハロウィンですね。
おともだちのおうちで
こどもたちのためのハロウィンパーティーを予定してましたが、
インフルエンザが流行してるため、
残念ながら中止になってしまいました。

こんなにいいお天気なのに
どこにもいけないなんてね。

さて今日のおやつは
フランス・ブリュターニュ地方の伝統菓子
「ファーブルトン」です。
牛乳のお粥という意味があるんだって。

卵とお砂糖をまぜまぜしたところに
粉をいれてさらにまぜまぜ。
牛乳、生クリーム、ラム酒を加えて
最後に溶かしバターをあわせる。
型にドライプルーンを並べて
上から生地を流したらオーブンで焼くだけ。

オーブンの中でぶわ〜っと膨らみ
冷めるとしゅ〜んとしぼみます。
ちょっぴり不格好なのがまたかわいくて。

ちいさなココットで焼くもよし。
グラタン皿で焼くもよし。
今日はマフィンの型に入れて焼いてみました。

こんがり焼けた表面の感じ、
カスタードを焼いたようなもっちり食感。
ブルターニュで今も変わらず愛される
素朴でやさしいママンのおやつができましたよ。

c0222952_1455357.jpg
[PR]
# by chetea | 2009-10-31 14:57 | お菓子 | Comments(2)

焼けたよ!焼けたよ!

またまたブリオッシュを焼きました。
この2週間で3度目のブリオッシュです。
だって納得いかないもの…

でもね、これはどうかしら?
カタチも焼きかげんもいい感じ。
ほうほう、焼きたてのお味は
いっそうおいしゅうございます。

プロのパン屋さんに言わせれば
とんでもなく下手っぴなのでしょうけど、
ちぃさんはこれで満足ですよ。

c0222952_13454069.jpg












今回は、発酵途中にせっせと実家まで走り、
オーブンを借りた甲斐がありました。
そう、毎日こんなにお菓子やパンを焼いておきながら、
ちぃさんちのオーブンはなんと、
主人が独身時代からつかっていた10年選手の
ちいさなちいさな電子オーブンレンジ。
いつもケーキやパンはこれで焼いています。

我ながらこのオーブンでよく頑張るなぁと感心。
でもね、この子も今ではすっかり私の大事な生活道具。
どんなオーブンでも、なんども使えばちゃんとクセが
わかるもの。
いつか立派なオーブンが買える日まで、
がんばって働いてもらわなきゃ!

さて、お次は何を焼こうかしら…
[PR]
# by chetea | 2009-10-30 13:56 | お菓子 | Comments(3)

ぽかぽかラテ

新型インフルエンザが日ごとに広がりつつあります。
どうかみなさんもくれぐれも気をつけて
お過ごしくださいませ。

そういいながらわたし、今朝から風邪ぎみです…。
ただの風邪だと信じたい。
ちょうどオフなので
家のことをやんわりしながら
身体をやすめたいところ。

こんな日の朝の一杯は…
ジンジャーがたっぷりはいった
ほんのり甘〜いメイプルラテ。

ミルクパンに一杯分のミルクと
刻んだしょうが(量はお好みで)を入れて
コトコトわかす。
沸騰手前ぐらいでメープルシロップを
お好きなだけいれて軽く鍋をゆする。
メイプルの風味をさらにプラスするために
私はここでメイプルオイルも一滴いれました。
(なくてももちろんOK!)
あとは茶こしで漉してカップに注げば
ホットでからだにやさしい
ジンジャー風味のメイプル・ラテのできあがり!

しょうがの効果で身体がどんどんあったかくなりますよ!
ぜひぜひおためしあれ〜

c0222952_1037865.jpg
[PR]
# by chetea | 2009-10-30 10:37 | お茶 | Comments(2)

秋の赤いタルト

ほっくほくの甘いさつまいもと
真っ赤なりんごをつかって
赤いタルトを焼きました。
とろ〜り卵とクリームのアパレイユを流し込み
白黒のごまをアクセントにのせて。

さつまいもは我が家の庭で、
りんごは能登の親戚のりんご園から届いたもの。

タルトのさくさくとおいものほくほく、
りんごの甘酸っぱさがひとつになった
とっておきのおやつのできあがり!

ダージリンの秋味「オータムナル」を
ストレートであわせて
いただきまあす!

c0222952_1514399.jpg
[PR]
# by chetea | 2009-10-28 15:14 | お菓子 | Comments(6)

お菓子とわたし

まだ小学生だったころ
ぎこちない手つきでつくった初めてのお菓子。
きっと今見たらびっくりするほど
不格好な出来映えなんだろうけど、
自分でつくった喜びとうれしさで
おいしさもひとしおだった記憶があります。

時折ふと思いたってはケーキを焼き、
しばらくはお菓子づいた毎日がつづく。
そしてまた忘れたように
棚にしまい込まれるお菓子の道具たち。
そんな暮らしが長く続きました。

そんな古びたレシピ本も
すっかり使い込まれたケーキの型も
今ではすっかり大切な道具。
おいしいと喜んでくれたあのときの笑顔を
想い出させてくれるだいじな宝物。

c0222952_12172546.jpg












今では毎日時間をみつけては
せっせと粉をはかり、もくもくと手を動かす。
バターとお砂糖のあま〜い香り。
こんがり焼けた粉の香り。
フルーツから溶けだすとろとろ。
オーブンとにらめっこしながら
じっとしている時間が
たまらなく愉しいのです。

焼きあがったケーキのほっこり感も
時間がたってバターと砂糖がなじんだしっとり感も
絵的にほほえましいあの姿もぜんぶいとおしくて

今日もまたちぃさんのお菓子作りが始まります。

c0222952_1334327.jpg
[PR]
# by chetea | 2009-10-27 10:20 | お菓子 | Comments(0)