ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

レモンがテーマの爽やかな4月レッスンの日程

あてのない旅にでておりました。
「行き当たりばったり」なんて、私には最も縁遠いのですが、
なんとかなるし、その方が楽しいことも。
日本でもまだ足を踏み入れたことのない場所がたくさんあって、
美しい風景、感動、おいしいもの…
いろいろな出逢いがありましたが、
最後の最後に血の凍るような結末も…(冷汗)


さて、4月のレッスン日程をお知らせします。
旅のあいだ、しばし逃避していました「試作」、
これからがんばります。
瀬戸田のレモンを使って、さわやかな4月のレッスンを
予定しています。
ひとまず、日程のみのお伝えでお許しくださいませ〜

c0222952_1420366.jpg


















■日時
4月23日(土)10:30〜満席
4月25日(月)10:00〜満席
4月26日(火)10:00〜満席
4月27日(水)10:00〜満席
4月28日(木)10:00〜満席
4月29日(祝)10:30〜満席

全席満席になりました。
ただいま、キャンセル待ち受け付け中です。
お問い合わせはこちら >>>
[PR]
# by chetea | 2016-04-03 14:34 | 最新レッスンのご案内 | Comments(0)

続・フェンネル

あれ…もしかして…
フェンネル…おいしいかも…(笑)
あんなにマズイだの、無理だの言っていたのに
昨日一日で何があった???

「フェンネルどう食べる?」に対して、
お料理上手なみなさんからたくさんヒントをいただきました。
ありがとうございまーす!
おかげであれこれ作ってみたい衝動にかられ、
逃げずにフェンネルと向き合う覚悟ができました(笑)

なかでもオススメ率の高かった「フェンネルと鰯のパスタ」、
これはぜひとも作ってみたい一品!
まずは鰯を買ってこないと!ちょっと待っててね♪

とりあえず、昨日は家にある食材でつくれるモノから。
フレンチシェフの友人にちょっと聞いてみたら、
ソッコー出てくる料理の数々。さすが!

教えてもらった、といっても、
「フェンネル、オリーブオイル、コリアンダー、にんにく、
トマトなどを軽く煮込む、グレック(ギリシャ風)という料理」
というざっくり指示。
え?もしも〜し?正解わからないし〜(笑)
こんなんじゃないと突っ込まれるの覚悟で創作してみました。

c0222952_1542864.jpg



















フェンネルの他、手元にある野菜を適当にいれて。
野菜の食感を残してつくってみたんですがね…
なにせ正解がわからないもので。
軽いレモン風味のオイル蒸しみたいなものになりました。
冷やしていただくと、めっちゃおいしい!!
フェンネル?まったく気にならないです。
むしろおいしい(笑)


続いて、ピクルス。もちろん、具体的な指示なし。
まあ、ピクルスならね、別にね、レシピ要らないか…。
そういえばピクルス液の香りづけに、よくフェンネルシードとか
キャラウェイシードとか入れるよねえ!
ならばフェンネルそのものも大丈夫に決まってる!
葉っぱも鱗茎も、漬け込みました。

c0222952_1542423.jpg



















一晩漬けて今日のお昼のカレーの付け合わせに!
さっぱりしてて、ぴったりでした。
フェンネル?まったく気にならないです。
むしろおいしい(笑)


最後、オレンジとフェンネルのサラダ。
これも、メニューの名前だけ。指示なし(笑)
ってことで、創作料理。
生のフェンネル、勝負だな…

c0222952_154264.jpg



















むむむ!これは!
オレンジとの相性はいいのはなんとなく想像ついたけど、
なんてフルーティーなの!ほんのり甘くてすっきり味!
フェンネル?まったく気にならないです。
むしろおいしい(笑)

あくまでどれも私の創作料理。
シェフの手にかかれば、ぜんぜん別モノなんだろうけどね。
ひとまず、フェンネルがおいしく化けたことが素直にうれしい!
ヒントをありがとう〜!


結論:
フェンネルは実はおいしい野菜だった。
そして使える野菜だった。
フェンネル、サイコー!バンザイ!
フェンネルもうなくなった。もっとください…
野菜セットの宅配お申し込みの方、安心してください。
フェンネル入っていても、怖くないです。
[PR]
# by chetea | 2016-03-29 15:59 | 料理 | Comments(0)

「フェンネル」どう食べる?!

先週はレッスン週でした。
タイミング悪く、ちょうど高熱を出していた娘の看病で
誕生日もなんだかあっけなく過ぎました。
娘も回復、ようやくレッスンも終わってひと段落です。

さて、主人が能登から野菜を持ってきました。
ついでに、遅れた誕生祝いに、
なかの洋菓子店のお菓子も!(やった〜!)

ブログでちゃんと書くのは初めて?かもしれません。
主人は脱サラして、能登で自然栽培野菜を作っています。
個人向けの野菜の宅配を中心に、
東京でのマルシェへ出店したり、
一部レストランなどに納品することも。
無農薬・自然栽培は、有機栽培とも違って、
農薬不使用なのはもちろん、化学肥料、有機肥料問わず、
肥料も一切使いません。本当に土のチカラだけで野菜を育てます。
ベーシックな野菜だけでなく、
ちょっと珍しい野菜の栽培にも果敢にチャレンジ中。

さて、本日のお題。
「フェンネル」をどう食べるか。

c0222952_16594810.jpg



















美しくて、いかにもオシャレな野菜。
【フェンネル】(英)
【フィノッキオ】(伊)
【ういきょう】(日)
【フヌイユ】(仏)

フェンネルの種(シード)は、お菓子に使われていたり、
インド料理やさんのレジの横にお口直しに置いてあったり、
独特の香りながらも、わりと身近な存在ではあったのですが、
フェンネルそのものはスーパーで見たことがあるぐらい、
実際手にしたのははじめて。
ちょっとセロリ的な感じかなあ?セロリは大好きだからね〜

まずはそよそよした葉の部分、これはハーブみたいに使えるかな。
そしてふくらんだ鱗茎部分はどうかしら?
とりあえずふたつに分けてみる。

c0222952_170374.jpg












鱗茎の部分は、繊維を断つように切るのが正解らしい。
ひとまず切ってみる。

c0222952_1701610.jpg












ではまず、葉っぱ、味見…
「あぅっっ!!」
次に、鱗茎、味見…
「ぐへ〜〜〜っ!!!」

もうね、なんて言ったらいいんでしょうか。
表現のしようのないこの感じ!
甘い?んだけど、独特の臭み?歯磨き粉?
これまで、紅茶のテイスティングやお菓子の味見で
数々の香りや味の表現をしてきましたが、
これはもう言葉ではなく、表情?動作?でしか表せない!
それぐらい衝撃的な味。
ハーブやスパイス系は基本、よほどのコトがない限り、
好き嫌いはない方なのですが、
こ、こ、これは…  無理かも・・・

生で食べるのはもはや不可能、断念。
そして恐る恐る、ベーコンと炒めてみる。
まずかったときの危険性を考慮し、本当に少量。

c0222952_1705212.jpg


















おや?加熱すると、生よりはずいぶんマシに。
あ〜、でも、ベーコンの助けが大きい。
ベーコンいないと厳しい〜

はい、次。
煮込めば、セロリみたいに野菜のだしになって、
案外使えるのかも?!
と、スープにしてみる。
もちろん、助っ人野菜はふんだんに、
主役のフェンネルはごく少量(笑)
黒いのは、イタリア野菜「カーボロネロ」(黒キャベツ)。
ほか、にんじんもじゃがいもも、どれも自然栽培です。

c0222952_1702831.jpg
c0222952_1704320.jpg






























はは〜ん。なるほど。
だいぶ、紛れてる。
朝食にパンといただく。
家族、微妙な表情ながら、一応食べる…

結論:
フェンネルを生で食べられる人は、相当な人物。
加熱して食べれば、ずいぶん食べやすくなる。
が、はっきりと好き嫌いが分かれる野菜、でしょうね。
どなたか、フェンネルのおいしい食べ方、伝授してください。


お試しで作った今回のフェンネルはさておき(笑)、
世界農業遺産・能登の大地で海風を浴びて育った
元気で味の濃い自然栽培野菜が気になる方は、
発送可能ですので、ぜひお問い合わせくださいませ〜
[PR]
# by chetea | 2016-03-27 17:39 | 料理 | Comments(0)

お多福のおだしができました!

3月のレッスン真っ只中ですが、
今日だけちょっとひとやすみ。

「お多福」小橋店さんへ。
"お多福のだし”のお披露目会にお招きいただきました。

c0222952_051537.jpg
c0222952_0511358.jpg






























え?紅茶関係でもお菓子関係でもなく、おだし??
このお披露会のご招待をいただいたときには、
おや?またどうして?と思ったのですが、
伺ってみたら・・・その理由があきらかに?!
(赤須さん、お招きいただきありがとうございました)

c0222952_051680.jpg












「お多福(おたふく)」
金沢やその近郊の方ならみんな知ってる!
明治43年から続く、まちのうどん屋さんです。
幼いころから何度となく暖簾をくぐって食べた、麺類や丼もの。
なんだか懐かしくて、あたたかい気持ちになれる場所。
創業百余年、本店で修行した方たちが
暖簾分けして独立し、今では金沢や加賀方面で
27店舗がその看板を掲げています。

c0222952_051390.jpg












そんな、みんなに愛される「お多福」から
この度、百年伝承の"だし"が発売されました。
その名も
『創業明治四十三年 まちのうどん屋 お多福のだし』

c0222952_16879.jpg













かつお、いわし、あじ、さばなどの贅沢な削り節と
金沢大野の醤油を使った、ちょっと甘めのまあるい味わい。
本店に伝わる味をベースに、各店舗の味をすりあわせ、
お多福会のみなさんが2年かけて作り上げたこだわりの1本。

このおだしを使った玉子丼のデモンストレーションも。
へ〜!なるほど!プロのちょっとした工夫、
家でもマネしてみよう。

c0222952_0511148.jpg



















玉子丼、うどん、サラダ、チーズケーキをご馳走になりました。
どんぶりや麺類にはもちろん、サラダのドレッシング、
おまけにスイーツのアクセントにまで使える、まさに万能だし!
あっ!スイーツ!? 私との接点、発見しました!(笑)

c0222952_051933.jpg
c0222952_051823.jpg
























チーズケーキといえば、
以前、金沢・大野こまちなみなーとの
イベント用のカフェスイーツとして、
私も大野醤油を使ってこんなチーズケーキを作りました。
塩分の効いたお醤油をお菓子に取りいれるためには、
味のバランスがすごく大事で、
ずいぶん苦労した記憶が蘇りました・・・

c0222952_1152621.jpg



















このおだしで作ってみるのもおもしろそう♪
他にも、いくつか浮かんでいるものがあるので、
作ってみようと思います「お多福だしのスイーツ」。

こちらのおだし、
お多福の各店舗と県内のスーパーでも購入できるそうです。
金沢ならでは、ちょっぴり甘め、
お多福ならでは、ほっこり懐かしいあの味を
みなさんもぜひぜひお試しくださいませ。

ほら、みなさん、
なんだかお多福の味が恋しくなってきたでしょ?
さっそくお近くのお多福さんへ!
[PR]
# by chetea | 2016-03-24 01:30 | おでかけ | Comments(0)

真夜中のひとりごと

こんな時間にどう考えても間違ってると思いながら、
夜な夜な、餡子の食べ比べ。

c0222952_1292932.jpg
















金沢のとある製餡所の赤餡(こしあん)。
糖度も水分量も口溶けもいい感じで、好きだったのに、
販売していた製菓材料店が入荷を見合わせたそうで、
手に入らなくなってしまったんです…(泣)
この製菓材料店向けに特別に炊いてもらっていた餡だったので、
他で買うこともできなくて。

さて、どうしよう…
来週からのレッスンで使う桜餅の中の餡子。

同じ製餡所の、水分量が少し多い別の赤餡を、
毎回火取り(水分を飛ばす)するべき??←したくない度80%(笑)
うーん…ひとまず明日、再試作してみます。
納得いくものができますように。

レッスンの準備は、いつもこんな感じで全力で向き合います。
アイデアの神が降りてこなくて苦しむ月もあれば、
材料調達の段階で、想定外のできごとが起きてつまずくことも。
そんなこんなで、苦労と思いがギュッとつまったレッスン、
(↑重っ!(笑))
今月も楽しみにしていてくださいね♪

真夜中のあんこも問題だけど、
うっかり飲み過ぎてしまった真夜中の紅茶も問題…。
眠れそうにない・・・
でも、久しぶりにちょっと好きな和紅茶に出逢えたのは、
嬉しいかな!
[PR]
# by chetea | 2016-03-12 01:30 | ちぃさんのひとりごと | Comments(2)