ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

春の訪れ

c0222952_1623355.jpg
















「春は、行ったり来たりを繰り返しながら、
 ゆっくりとやってきます」

このあいだ読んだエッセイに
こんな表現がありました。
ほんとうにその通りですね。
夏も秋も冬も、
なんだかあっというまにやってくるのに、
春だけはゆっくりゆっくりと近づきます。

昨日今日と気温がぐっと冷え込み、
また少し雪が積もりました。
一度あたたかさを体感したあとに再びやってくる寒さは
よりいっそう身体にこたえるもの。

そんな冷たい雪にふられながらも、
我が家の冬枯れの庭に
今春もいちばんにクロッカスが咲きました。
きいろ、むらさき、しろの順に花をさかせ
初夏にかけておひげのような細い葉が
ぐ〜んと伸びてゆきます。
そのころには色もカタチもさまざまな
チューリップやムスカリなどもお庭を彩ってくれます。

春の訪れとともに、
冬のあいだお休みしていた庭仕事がいよいよ再開です。
大きな木のお世話、レンガや塀の大工作業は
主人のしごと。
草花を植えたり手入れしたり、
日々の水やりや畑作業はわたしのしごと。
初心者ふたりが始めた庭づくりも
いよいよ5年目にはいります。

道ゆく人たち、そして我が家のお客様たちにも
喜んでもらえるようなお庭をめざして
ことしもまた少しずつ手をかけていこうと
思っています。
[PR]
by chetea | 2010-03-10 16:03 | Comments(0)
<< やさしい春色ムース アールグレイな気分。 >>