ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

お菓子について想うこと

きのう、焼菓子を買いました。
洋菓子店のものではなく、
ごくごく普通に市販されているものを。
本格的におうちでお菓子づくりを始めてからというもの、
パティスリーの焼菓子やケーキは
勉強がてら気になるものを
ちょこちょこ買ってはいるけれど、
こういう市販の洋菓子を買うのは
本当にひさしぶりのこと。

おいしそう!と思って買ったはいいけれど、
残念ながらひとくち食べて
手がとまってしまいました。
贅沢をいうわけじゃないけれど、
独特のにおいが気になってそれ以上
食べられなかったのです。
そのあと、食品成分表示を見て納得。
保存料、着色料、人工香料…
得体の知れない食品名がずらり。
市販のお菓子に保存性の高さが求められるのは
いたしかたないこと。
でも、そのためにここまで味が
おちでしまうのはとても残念なことですね。

おうちで作るお菓子は、
バターたっぷり、砂糖たっぷり、
生クリームや卵もふんだんに使います。
これに抵抗がないわけではありません。
そのカロリーの高さに罪悪感を感じずには
いられません。
でも、こうやって市販のお菓子と比べてみて、
おうちでつくるお菓子のおいしさと安全性を
あらためて実感したのでした。

さて、本日のケーキは、
アメリカのおうちお菓子の代表
「アップルウォルナッツクラムパイ」。

c0222952_84621.jpg
















お肉のそぼろ?ではありません。
夜な夜な帰宅した主人がキッチンで
これをみつけ、肉なのか?と
おもわず上の部分だけ味見してみたらしい。
気持ちがわからないでもないですが。

シナモン・ブラウンシュガー・くるみなどを
くわえたほろほろのクラムを
たっぷりのせて焼いたパイです。
なかからとろけるようなあまずっぱいりんごが
でてきます。

シナモンをたっぷりつかったお菓子。
娘がいやがるかとおもいきや、
「またこんど、これ、つくってくれる?」
とおいしそうにぺろりとたいらげてくれました。

みんながよろこんでくれるから
みんなを笑顔にできるから
お菓子づくりはやめられそうにないですね。
by chetea | 2010-03-17 08:47 | ちぃさんのひとりごと
<< またひとつ… ブルターニュの素朴なお菓子 >>