ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

日本茶をラフに愉しむ

わたし…
むずかしいお作法、決まりきったカタチ、
って苦手なんです。

だから
茶道はおともだちのお誘いで一度お茶会にいったきり。
着付け、未体験。
古流のいけばなのお稽古に通っているけど
やっぱり自由なフラワーアレンジの方が好き。
陶芸もちょっぴりくだけた感じがいい。

まてまて、
紅茶は淹れ方にこだわるし
お菓子もきっちり計量に始まって
ちっともアバウトなところがないけれど
それはちょっとおいといて。

そう、なんでも基本は大切。
そしてお作法は身についているにこしたことはない。
でもやっぱりどこか堅苦しくて、どうも深入りできず。

そんなわたしにぴったりの
ラフに愉しめる日本茶のお教室にいってきました!
紅茶を勉強したら、日本茶も知りたくなって。
わが街が誇る世界的哲学者・西田幾多郎先生の記念館にて、
講師は金沢のお茶屋さん「あずま園」さん。
こちらの教室、
決してむずかしいお作法を学ぶわけではなく
身近な日本茶をおいしく愉しく知りましょう!という企画。

簡単にお茶の歴史や種類などのお話をきいたあと、
何種類もの煎茶をテイスティング。
有名産地のものをひととおり、あずま園のブレンド茶、
一生お目にかかれないかもしれない貴重な手揉み茶までいろいろ。
紅茶とおんなじで、
良い茶葉でいい温度で適切な蒸らし時間で淹れた煎茶の
なんておいしいことでしょう。
色を愉しみ、香りを愉しみ、甘味、苦み、渋みを愉しみ、
そしてお茶席でしかいただけない、金沢の幻の和菓子とも言われる
吉橋さんの生菓子をいただきながら
参加者のみなさま(とっても上品なおばさま方ばかりでした)と
会話を愉しみつつ、ステキな時間を過ごしてきました。

あと数回開かれるこちらのお教室。
新茶の味くらべ、おいしい冷茶の淹れ方、
去年初めて作られた加賀紅茶を愉しんだり、
極上の玉露を味わったり、と続くそうです。

紅茶には紅茶の世界が
日本茶には日本茶の世界があります。
そうはいってももとはおんなじお茶。
やっぱり通じるものがあって、
とっても興味深く感じられたのでした。

*写真は茶葉の見比べと、
シトロンピール&ソフトクッキーに静岡・川根茶。

c0222952_23255039.jpg
[PR]
by chetea | 2010-04-08 23:33 | お茶 | Comments(4)
Commented by eiko at 2010-04-09 01:01 x
写真から緑茶のいい香りがただよってくるようだよ。トルコは完全なるチャイ文化で、世界で1、2を争うほど紅茶の消費量が多い国。こちらでは作法などまったくないけれど、小さなチャイグラスで道端やそれぞれの家庭で出される熱々のチャイのうまいこと!お茶にはそれぞれの国の歴史と文化、国民性がたっぷりつまっているから世界が深いよね。紅茶といえばヨーロッパのイメージだけど、アジアの紅茶文化を調べてみるのも面白いと思うよ。ちよみに茶(チャ)-チャイでわかるように、アジア圏ではお茶をあらわす単語は音が共通しているんだよ。ヨーロッパに入るとTEA(ティー、テ)という音になります。

で、試験はいつなの?!
Commented by chetea at 2010-04-09 07:28
>eikoさま
トルコからコメントありがとう!
そうだね、トルコは紅茶大国でしたね。
トルコにしても、イギリスにしても、
紅茶はけっして作法にこだわっているわけじゃなく、
日々の生活にあたりまえのように存在しているんだと
思います。それと同じように、煎茶を毎日いただいている
家庭もあるんだろうけど、我が家ではせいぜい麦茶やウーロン茶
程度。しかも冷たいの。
昨日のお教室に参加して、
これから自宅でもっと気軽に煎茶を愉しめる気がしてるよ!
*試験は京都で7月〜8月予定です。
Commented by martin at 2010-04-09 21:26 x
最近、朝のコーヒーを紅茶に代えました。
理由はいくつかあるんだけど、紅茶のほうが体に合っていそうな気がして。
これまでは主人に合わせてコーヒーを飲んでいましたが、最近お茶がよい気がしてならないのです。
体が欲するので、正直に聞いてあげようと。
紅茶もよいけど、日本茶もよいね!しぶーいお茶飲みたくなりました。
Commented by chetea at 2010-04-11 15:26
martinさん
ビタミンなどに関しては、煎茶がいちばんですね。
ウーロン茶、紅茶と発酵が進めば進むほど、
栄養が落ちていくんだって。
朝の珈琲はわたしも大好きですが、
今朝は緑茶にかえてみました。
しばらくこれで体調変化とかみてみようかな。
身体にいいものをおいしく取りたいね。
<< 桜・さくら・サクラ! 能登の旅 >>