ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

初夏のコンフィチュール

この季節のコンフィチュールといえば…
毎年これ。
「ジューンベリー」

c0222952_10183995.jpg











ほんの1センチほどの実の中に、
つぶつぶとした種が2~3粒は入っているので、
コンフィチュールを煮込む途中で
大量の種を漉すという、面倒すぎる作業があります。
種といっしょに、皮も取り除かれるので、
最終的にコンフィチュールとして出来あがるのは少量。
なかなかの強者でしょ?

最初の数年は楽しくつくっていたのが、
ここ2〜3年は、「地獄の作業」と呼んでいたりします(笑)

3日ほど前から収穫を始め、
日に日に冷蔵庫を埋め尽くしていく紫の実の山をみて、
いよいよ見て見ぬふりもできなくなり(笑)、
腹をくくって、朝から作業しました。

作ってしまえば、なんということもないのですけどね。
まだしばらく収穫がつづくのでね…
コンポートにしたり、お菓子に焼き込んだり、
ちょっと別路線も検討してみましょうか。
[PR]
by chetea | 2012-06-13 10:26 | お菓子 | Comments(2)
Commented by martin at 2012-06-13 21:23 x
時間かかるしね!面倒な作業だよね。
でもせっかく熟した実がなっているのに、勿体無い!!という気持ちの方が勝って、忙しくても地獄の作業に取り掛かってしまうんだろうね(笑)
Commented by chetea at 2012-06-13 21:56
>martinさま

まさにそのとおり〜!   いちごやブルーベリーみたいに、コトコトやってればできあがるジャムならまだいいんだけどねえ。
裏ごしが極度に苦手なわたしです(笑)。
それにしても、martinさんのイチゴジャムの瓶がかわいすぎて、また思い出してしまった。。。
<< Sun Tea ご心配かけました >>