ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

子どもとつくるおやつ

最近ちょくちょく、
「親子でお菓子づくりをしたいのですが…」
とお問い合わせをいただきます。

親子レッスンというのは、
これじゃあ簡単すぎてお母さんにはつまらないわ…
ぐらいのものじゃないと、
子どもは楽しめないと思っています。
難しい作業だと、つい親の出番ばかりが増えてしまうから。

できればハンドミキサーは使わず、
材料も作業手順もとにかく簡単なものを。
ちいさなお子様にも配慮して、火の使用は最小限に。
しかも、生地を寝かせる時間や、
固める時間、焼き時間が長いものもNG。
そして絶対条件は、
自信をもって「おいしい」と言える風味と食感。

レンジでつくる○○、ホットケーキミックスでつくる○○など、
お手軽なおやつ作りはいろいろあるのでしょうけど、
やはりそれでは出せないおいしさを味わってほしいのです。

…実はこれ、なかなか厳しい条件であります。
もちろん、そういうお菓子は実際いろいろあるのですが、
なにせ暑い暑いこの季節。
大人でさえも、生地の扱いが難しいので、
手の熱が生地に伝わるものも避けたい。

自分の首を絞めるうような条件を課してしまい、
あれこれ、頭を悩ませていましたが、
さっきふと浮かびました。
それーー!思い立ったらすぐ試作。

c0222952_1141464.jpg











バターを使わない、シンプル材料のマフィン。
ボウルに入れてひたすらぐるぐる混ぜるだけでできちゃいます。

本日のお味はマンゴー。(ひとつはベリーをトッピング)
熱々のマフィンを、はふはふしながらいただくと
中からとろ〜りとろけだすマンゴーの果肉。
この手軽さでこのふわふわしっとり感がでれば言うことナシ。

あとはフルーツやお砂糖、オイルの種類を変えたりしつつ、
もう少しアレンジしていきましょう。
そうそう、忘れちゃいけない。
マフィンが冷めてからのお味見も大切です。
[PR]
by chetea | 2012-08-23 11:36 | お菓子 | Comments(5)
Commented by binglish at 2012-08-24 09:34
アメリカのクッキーは、粉を振るったりしないでダイレクトに入れたり、最初から最後の工程までミキサーで使ったりで、そんなに練っても大丈夫?って思うこともあるけど、仕上がりはOKなレシピいっぱいあります。
ケーキなんかでも生卵を使わずに、ゆで卵の黄身を使うレシピもあって新しい発見がいっぱいです。
今度私のブログでレシピ書きますね!
Commented by chetea at 2012-08-24 09:49
binglishさま

前に、キッチンエイドを買うときに、you tubeでアメリカの家庭でお菓子を作ってる動画をみたの。びっくりするぐらいざっくりカップで小麦粉すくって、こぼしながらも、ガーガーッてキッチンエイドをかなり乱暴に扱っていて、笑ってしまったわ〜〜

ゆで卵を材料にするっておもしろいね。今度おしえて〜〜〜
Commented by eiko at 2012-08-25 17:51 x
ずぼらな私にぴったり。このマフィンのレシピ至急教えて。今食べたいげん(笑)
Commented by chetea at 2012-08-25 20:51
>ずぼらなお姉様

そやね。これなら失敗はしない。マフィンの型以上には巨大にならないから〜。メールしといたよ。
Commented by binglish at 2012-08-27 09:28
そうそう、まるで男の料理だよね!!繊細さゼロ!!
だから、大味って言われるんだと思う。
でも、家庭の味って感じで美味しいものもいっぱい!
バナナブレッドなんかも簡単に作れるレシピがあって、今週は2回焼きました!
<< 時にはこういうことも。 粉がおいしすぎる。 >>