ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

tokyo~紅茶の旅③〜

いよいよ紅茶の旅のレポート、ラストです。

表参道の雑貨店「H.P.DECO」。
そもそもその店には雑貨を見にいったのだけど、
偶然にもそこには、
ニューヨークからやってきた話題のティーブランドのアトリエが!
いつだったか、ネットで何気なく記事を見ていたのだけど、
そのときは東京へ行く予定などなかったので、
真剣に場所をチェックしていなかったのです。
まさかここで扱っていたとは!うれしい巡り合わせ。

「BELLOCQ TEA ATELIER (ベロック ティーアトリエ)」

c0222952_1648473.jpgc0222952_1648498.jpg























ニューヨーク・ブルックリンのクリエーター3人によって
創業されたブランド。
3人の創造性溢れる自由な感性を持ち寄って
新しいお茶の文化をNYのブルックリンから発信しています。
伝統的な「茶」を大事にしながらも
斬新な視点でつくられるブレンドティーが魅力です。
ネーミングもとっても個性的でステキ。
使うのは紅茶、中国茶、緑茶、ハーブ、スパイス〜と幅広く、
どれもオーガニック素材にこだわっているからすばらしい。
緑茶にローズとか、紅茶に唐辛子、なんてのもあって、
もうこれはアートです!
今まで気づかなかったお茶の新しい魅力を発見できそう!

紅茶缶やパッケージもめちゃくちゃオシャレ。
黄色のキャディ缶、今まであったようでない。
缶に直に塗装をかけていて、マットな質感がすごくいい。
オススメ8種が入ったサンプルボックスを買ってみました!
感想はまたじっくり報告します。

あとは〜お菓子の旅〜編でも紹介しますが、
いがらしろみさんのお店、メゾン・ロミユニで、
大好きなteteriaの紅茶も購入!
ろみさんの焼き菓子にぴったりのブレンド「メゾンティー」。
ダージリン+ニルギリ+烏龍茶のおもしろいブレンドです。
お菓子をおいしく、そしてお茶の味も生かす、
さすが、ろみさん×teteria大西さんの名コンビ!

c0222952_16555131.jpg











その他、滞在中には、
銀座でリーフルダージリンハウスやザ・ダージリン、
自由が丘のTWGなども寄ってみました。
「フルーツ高野」のニルギリがおいしいと聞いていたので、
そちらもチェック。まだまだ行きたいところが山ほどあったけど、
場所や時間の都合上、断念。

そしておおとりは…
ペニンシュラ東京、ザ・ロビーでのアフタヌーンティー。

c0222952_2047293.jpg
c0222952_2047265.jpg
c0222952_2047363.jpg






































ペニンシュラのオリジナルブレンドティー、
これはすばらしいブレンド。バランスがすごくいい。
渋みが少なく軽めなのに、
しっかりそれぞれの茶葉の特性が生きてます。
他にもアフタヌーンティー用や
ブレックファスト用のブレンドもあって、
どれも少しずつ味わいが違ってて、軽やかで飲みやすい。

そしてなにより、ペニンシュラのすごいところは、
紅茶を何杯も、しかも銘柄をチェンジして楽しめるところ。
一緒につきあってもらった紅茶の先生と、
お互いに飲み比べしながら全部で5種類ほど楽しみました。
どうやらどの茶葉もライトに淹れるのがペニンシュラ流みたい。

スコーンは卵とバターをたっぷりつかったしっかり系。
クロテッドやジャムなしでもいけるリッチなタイプでした。
お泊まりはなかなか難しい一流ホテルですが、
アフタヌーンティーならホテルの雰囲気を存分に楽しめます。
贅沢な時間ですが、日々のご褒美にアフタヌーンティー、
たまにはいいものです。

最後の最後、スリランカ人が経営しているティーショップに
向かったのですが、臨時休業というオチ。。。
ここは次回、絶対リベンジです!!

自分の記録として残しておきたくて
3部にわけて紅茶の旅のレポートをまとめました。
あちこちかけまわって、
「最新の紅茶事情・傾向」が自分なりに解釈出来た気がします。
新しい知識とさまざまな刺激、
そして次に進む勇気ももらった紅茶づくしの日々でした。
[PR]
by chetea | 2012-09-21 07:17 | おでかけ
<< tokyo〜お菓子と雑貨の旅〜 tokyo〜紅茶の旅②〜 >>