ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

中国茶の会in輪島

今日は、輪島・蔦屋漆器店さんへ。
蔦屋さんの女将、yoshikoさんとは、
ちょうど1年ほど前からのおつきあいですが、
もう、とにかくステキな方!!
ステキ度をチェックしたい方はyoshikoさんのブログへ。>>>

実は、ほんの2日前にも、姉とその友人を連れて輪島へ。
そのときは朝市をぶらりとしたあと、
急にyoshikoさんにご連絡して、ギャラリーにお邪魔したのですが、
そんな突然の訪問にもかかわらず、このおもてなし。
こんなの出てきたら、感激して言葉も出ません。

c0222952_21504638.jpg


















そして、中1日を置いて、またまたおじゃまです。
感覚麻痺でしょうか?
輪島までの道のりが妙に近く感じてきました(笑)。

今日はYoshiko's Lunchをいただいたあと、
中国茶を愉しむという贅沢企画。
中国茶は大阪でサロンをされているアンリ先生
教えていただきます。
集ったメンバーには、以前、お米の食べ比べ会を企画してくださったアンジェラさん、
そして、いつかお会いしたいと思っていた、
珠洲のネパール料理教室のデビ先生もいらしていて、
とっても和やかな雰囲気でスタート!!

デーブルにはこんな涼しげな花。
蔦屋さんの大女将が摘んできた野花を、
女将のyoshikoさんがさりげなくあしらう。
おふたりの関係のよさがこんなところにも表れますね。

c0222952_22232763.jpg


















さて、yoshikoさんのお料理は…
見た目はもちろん、お味、演出、すべてが美しいのです。
上質な輪島塗りでいただくお料理は格別です。
ガラスや陶器など異素材のテーブルウェアとのコーディネート、
無限の可能性を感じます。どこまでも奥深い伝統工芸品。

c0222952_2244295.jpg
c0222952_22442977.jpg



































鯛が贅沢にのったサラダは、
ミレユンヌのオイルに塩など4種のシンプルな調味料をふって、
ガシガシと混ぜていただきます。
デビさんのおうちで栽培されたコリアンダーが効いてる〜!

c0222952_22443053.jpgc0222952_22474370.jpg




































盛りつけに、味付けのポイント、素材がおいしくなる裏技など、
あれもこれもとっても勉強になりました。
yoshikoさん、ごちそうさまでした。


さてさて…今日はまだまだ続きますよ〜!
お次はメインの中国茶のお時間です。

テーブルは、yoshikoさんとアンリ先生の手で
あっというまに変身!
どうです!!!この美しさ〜。
まずは大撮影大会(笑)

c0222952_2371980.jpg
c0222952_2391576.jpg




























そして私が作らせていただいたお菓子「夏のシトラスケーキ」も、
美しい器にのせられました。
これまで、数々の美味しいモノを召し上がってきたであろう
セレブなみなさまに、
お菓子のお味を褒めていただいて本当に嬉しい・・・(泣)。

アンリ先生の手元がそばで見られる上席で
ムダのない美しい所作を拝見!
ひょうたん型の茶こしもかわいいのです。
ポットのフォルムも、ウォーマーもこんなにステキ!

c0222952_237191.jpgc0222952_23163320.jpg




































中国緑茶6種、紅茶1種をどれも4煎目まで愉しみ、
それぞれの香り、味わいを堪能!
ボキャブラリーが乏しくて、うまくその味を言葉にできない
もどかしさ。。。
でも、はじめてこれだけじっくり中国茶を飲み比べて、
紅茶以上に奥深い世界にとっても感心!

茶殻もいろいろで、本当におもしろい!
アンリ先生、心底お茶が好きなんでしょうね。
お茶好きならではのセリフをぽつり。
茶殻を前にして、「愛おしくてたまらない」と(笑)。

c0222952_2372162.jpg
c0222952_23232088.jpg





















今日は刺激と感動と、うれしさとたのしさとおいしさと…
いろんな思いでいっぱいの一日になりました。
yoshikoさん、アンリ先生、ご一緒いただいたみなさま、
本当にありがとうございました。
お茶でつながるご縁に感謝感謝です。
またお会いできますように。
[PR]
by chetea | 2013-07-09 23:33 | おでかけ | Comments(6)
Commented by urushi-yoshiko at 2013-07-10 00:00
先日、今日と遠いところおこしくださりありがとうございました。
楽しかったですね♫
夏のシトラスケーキのあまりにもの美味しさに、アンリ先生の言う事も聞かず、パクパク食べてしまった私達(笑)
次回は台湾茶の飲み比べ会? また企画たてなくっちゃ♫
Commented by chetea at 2013-07-10 00:18
yoshikoさま
今日はお声をかけていただいて、本当にありがとうございました。中国茶、あまりにも無知だったので、すごくいいきっかけになりました。
キームンとシトラスケーキのマリアージュ、リベンジしたいですね(苦笑)。今日はあんなにもおいしくて贅沢した気分なのに、食べ過ぎた感がないのは、yoshikoさんのやさしいお味のお料理と、中国茶のおかげですね!!次回の企画、早くも心待ちにしてます!!
Commented by およね at 2013-07-10 13:18 x
わわわ!!これは写真の撮りがいありますね!ケーキも美味しそう~。茶がらを愛おしいとは・・相当ですね(笑)。
Commented by chocottie at 2013-07-10 15:14
素敵なお茶会ですね。cheteaさんの夏のシトラスケーキ!愉しく美味しく召し上がっていただけたのですね!
みなさん、セレブなこともそうでしょうけど、なにより生活を愉しむ気持ちがあるから、そういったことができるのでしょうねえ。
わたしなんて、時々、お鍋から直接ごはんたべちゃいますもん。笑
日常生活を愛おしむ気持ち。見習いたいです。
素敵なお茶会、よかったですね!!

あ、K市から輪島は…遠いですよ…笑
もっと立派な道路ができるといいのに。でも、良い道ができると、人々が押し寄せてきて、輪島はうるおいつつも、何かを失うのかもと思うと、道なんてできない方がいいのかな。
Commented by chetea at 2013-07-10 15:21
およねちゃん

輪島にいくたびに、およねちゃんのことも想ってますよ!
昨日も、もしやいらっしゃるのでは?と期待してたけど、会えずに残念。
写真じゃ伝わらないあの雰囲気、きっとおよねちゃんならわかってくれるはず!また何かの機会にご一緒しようね〜
Commented by chetea at 2013-07-10 15:27
chocottieさま

あ、わたしも、おうちでひとり麺類のときは、お鍋から食べることが…(笑)。chocottieさんもだとわかり、ちょっとほっとしたりして(笑)。
能登のように、半島という場所はどこもそうでしょうけど、唯一ローカル線が単線で走ってたり、一周するのにムダに時間がかかったり。
そういうなんだかなかなか行けない感がまた良かったりするんですよね〜。
<< アプリコットのゆくえ。 夏の厨房から >>