人気ブログランキング |
ブログトップ

ちぃさんの暮らしの手帖

chetea.exblog.jp

カテゴリ:おでかけ( 67 )

お多福のおだしができました!

3月のレッスン真っ只中ですが、
今日だけちょっとひとやすみ。

「お多福」小橋店さんへ。
"お多福のだし”のお披露目会にお招きいただきました。

c0222952_051537.jpg
c0222952_0511358.jpg






























え?紅茶関係でもお菓子関係でもなく、おだし??
このお披露会のご招待をいただいたときには、
おや?またどうして?と思ったのですが、
伺ってみたら・・・その理由があきらかに?!
(赤須さん、お招きいただきありがとうございました)

c0222952_051680.jpg












「お多福(おたふく)」
金沢やその近郊の方ならみんな知ってる!
明治43年から続く、まちのうどん屋さんです。
幼いころから何度となく暖簾をくぐって食べた、麺類や丼もの。
なんだか懐かしくて、あたたかい気持ちになれる場所。
創業百余年、本店で修行した方たちが
暖簾分けして独立し、今では金沢や加賀方面で
27店舗がその看板を掲げています。

c0222952_051390.jpg












そんな、みんなに愛される「お多福」から
この度、百年伝承の"だし"が発売されました。
その名も
『創業明治四十三年 まちのうどん屋 お多福のだし』

c0222952_16879.jpg













かつお、いわし、あじ、さばなどの贅沢な削り節と
金沢大野の醤油を使った、ちょっと甘めのまあるい味わい。
本店に伝わる味をベースに、各店舗の味をすりあわせ、
お多福会のみなさんが2年かけて作り上げたこだわりの1本。

このおだしを使った玉子丼のデモンストレーションも。
へ〜!なるほど!プロのちょっとした工夫、
家でもマネしてみよう。

c0222952_0511148.jpg



















玉子丼、うどん、サラダ、チーズケーキをご馳走になりました。
どんぶりや麺類にはもちろん、サラダのドレッシング、
おまけにスイーツのアクセントにまで使える、まさに万能だし!
あっ!スイーツ!? 私との接点、発見しました!(笑)

c0222952_051933.jpg
c0222952_051823.jpg
























チーズケーキといえば、
以前、金沢・大野こまちなみなーとの
イベント用のカフェスイーツとして、
私も大野醤油を使ってこんなチーズケーキを作りました。
塩分の効いたお醤油をお菓子に取りいれるためには、
味のバランスがすごく大事で、
ずいぶん苦労した記憶が蘇りました・・・

c0222952_1152621.jpg



















このおだしで作ってみるのもおもしろそう♪
他にも、いくつか浮かんでいるものがあるので、
作ってみようと思います「お多福だしのスイーツ」。

こちらのおだし、
お多福の各店舗と県内のスーパーでも購入できるそうです。
金沢ならでは、ちょっぴり甘め、
お多福ならでは、ほっこり懐かしいあの味を
みなさんもぜひぜひお試しくださいませ。

ほら、みなさん、
なんだかお多福の味が恋しくなってきたでしょ?
さっそくお近くのお多福さんへ!
by chetea | 2016-03-24 01:30 | おでかけ

砂古玉緒さんのお菓子レッスンへ!

この夏スリランカへ連れていってくださったミツさん、
そして私の紅茶の先生あやこさん。
尊敬すべき師匠がふたりもいらっしゃる
横浜のセイロン紅茶専門店「ミツティー」さんへいってきました。
紅茶やさんへ行ったのだけど、
実は旅の目的は紅茶ではなく、お菓子。

英国菓子研究家・砂古玉緒さんの
クリスマスプディングのお菓子レッスンです〜!
砂古さんは英国菓子や英国の料理に関する本を
たくさん執筆されてる方です。
ミツティーさんで憧れの砂古さんにお菓子を習う…
なんて嬉しいイベントなの〜!と横浜まで飛んでいきました。
けっこう遠いんだけどね、遠く感じない(笑)

c0222952_9214546.jpg












砂古さんはとっても気さくな先生で、トークも楽しい♪
NHKの朝ドラ「マッサン」でも登場したクリスマスプディング、
ドラマに出てきた英国のお菓子やお料理は
砂古さんが作られたものです。エリーが作ったんじゃないよ(笑)
そんな撮影時の裏話やイギリスのお話なども交えながら、
ささっと軽やかな手つきで、ビスケットとクリスマスプディングの
デモンストレーションを。

デモのあとは…
イギリスのメイソンキャッシュのプディングベイスンで
ひとり1台プディングを作ります。
ざざざっと材料を投入してざっくりと混ぜたらもうOK。
これがイギリス菓子のうれしいところ(笑)

c0222952_2292292.jpg


















スパイスやフルーツが入った甘〜くあたたかいモルドワインと
ミツティーさんのおいしい紅茶といっしょに試食。
しあわせしあわせ。

c0222952_2292420.jpg
c0222952_2292088.jpg



































持ち帰ったクリスマスプディングは
23時に家に到着してから、蒸し上げました。
うとうとしながら、途中タイマーで起こされ…。
寝たのは3時半…(笑)
朝、熱が冷めたプディングをチラッとのぞいてみると、
はぁ〜良い香り!このまま食べてしまいたい!

いいえ!ダメダメ。
これからクリスマスまで、じっくり寝かせます。
じっと我慢です。我慢できるかな〜

c0222952_2292236.jpg
c0222952_2292379.jpg



































ひさしぶりに外でレッスンをうけました。
やっぱりお菓子づくりは楽しい♪という
原点に立ち返ることができました。
最近ずっと追われ気味な(笑)私ですが、
そんな初心を思い出させてくれたきっかけに感謝です。
by chetea | 2015-10-06 09:25 | おでかけ

薔薇を愛でながら〜

お上品でお優しくて、そしてとってもキュートなマダムAkikoさんが
大切に丹精込めて育てられた薔薇。
その薔薇が美しく咲き誇るこの季節に、
夢のようなお茶会へお招きいただきました。

c0222952_1417481.jpg


















お住まいのマンションの扉を開けた瞬間から
Akikoさんワールドが広がって、思わず歓声!
そのまま最後までキャーキャー大騒ぎでしたが(笑)。

ベランダには何種類ものみごとな薔薇たち。
無農薬で育てていらっしゃるというその薔薇は、
花はもちろん、葉の艶色も本当に美しく、
どれだけ大切にお世話されているのかが伝わります。

c0222952_1417358.jpg






















蕾から、徐々に花開くまでの色の変化を楽しみ
美しいうちに花を摘んで、お部屋に飾ったり、
丁寧に乾燥させてポプリにしたり…
薔薇が本当に大好きだからこそ、ですね。
自家製のポプリ、それはそれはやさしい甘い香りでした。

c0222952_14174826.jpg
c0222952_14261614.jpg



































ため息がでるようなアンティークプレートや銀器、
薔薇や輝くシャンデリアで飾られたお部屋で、
キョロキョロ&目をまんまるにしながら
ウェルカムティーをいただきます。

c0222952_14265648.jpg



















ロイヤルアルバートの美しいティーセット。
ローズ柄はこの日のお茶会にぴったり!

c0222952_14265679.jpgc0222952_14435142.jpg




































スコーンが入っているのは、
アンティークシルバーのビスケットウォーマー。
実物、初めてみました!!!!
ジャムとクロテッドクリームが入ったガラスの器も
色がなんとも美しいです。

c0222952_14331831.jpg


















スコーンをいただいたあとは、
パインがこんなキュートなスタイルで!

c0222952_14265793.jpg
c0222952_14435129.jpg




























そして、リコッタチーズがグラスデザート風に登場!
フルーツとはちみつとリコッタ、おいしかったです〜

c0222952_14265515.jpg


















わたしのカジュアルスタイルの紅茶とは180度違う、
エレガントなお紅茶を存分に楽しませていただいて、
女子力かなりUPしました〜〜(笑)。

c0222952_14174989.jpg











Akikoさん、最高のおもてなしをありがとうございました。
ふわふわと夢心地で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
ステキなお友達もご紹介いただいて、
本当に楽しいティータイムでした。
またご一緒に大好きな紅茶を満喫しましょうね!
by chetea | 2014-05-27 15:22 | おでかけ

加賀棒ほうじ茶の香りに包まれて〜

今日はちょっとした用事ついでに、
めずらしく和菓子やさんへ立ち寄りました。
金沢のお茶席のお菓子では有名な水本さん。

季節の上生を数種類いただき、
おいしいお菓子があるなら、おいしいお茶も、と
新茶を買いに、お世話になっているお茶やさん
金沢・百坂のあずま園さんへ。

店主のひがしさん、お忙しくてお留守かな、と
思いましたが、おやおや?
お店の外にこうばしいほうじ茶の香りがぷんぷん!
焙煎作業中でした。

工場の中は以前にも見せていただいたのですが、
焙煎作業を拝見させていただくのははじめて!
焙煎機のしくみや違い、焙じ茶ができるまでの流れを
あれこれ説明いただいて、
店主のこだわりや工夫も教えていただきました。
一度機械にセットしたらあとは自動で放置…
なんかじゃありません!!!!
要所要所、いろいろ手をかけて、あのおいしいほうじ茶が
できてるんですね。

焙じる前の、青い茎茶が少しずつ機械に入っていきます。

c0222952_1623849.jpg
















しっかり火が入ってますよ〜

c0222952_1623680.jpg
















釜のなかはこんなふうに、ドラムみたいになって、
茶葉が回っています。

c0222952_1623742.jpg
















おおお〜出てきた出てきた!
ほどよい、浅めの煎りです。

c0222952_1623862.jpg
















たたみ2畳分?ぐらいのスペースにどっさりと
あたたかいほうじ茶を広げます。

c0222952_1623785.jpg
















機械から出てきたばかりの棒茶。
ふっくらほわんとしていて、やわらかい!
冷めたら硬くなりますが、
できたてはそのままかじってもさっくりふんわりおいしい!

c0222952_1623630.jpg
















それにしても、さすがです!
作業のひとつひとつ、まったく動きにムダがなく、
どっさり山になったお茶をこぼすこともなく…(あたりまえですか)
気持ちのいい、見事な手さばきをみせていただき、
目がまんまる、キラキラになりました。
「へ〜! ほほぅ〜!」とただただ感心するばかりでした。

貴重な作業風景を拝見させていただき、
本当にありがとうございました。

お菓子と新茶は母の日が近いので母にプレゼント。
ひとつだけ母からお菓子をもらいました。
わたしは自宅に戻ってダージリン1stといっしょに。

c0222952_16233859.jpg
c0222952_16244294.jpg


































え??買ったばかりの新茶じゃないの?
加賀棒ほうじ茶じゃないの?
という突っ込みが聞こえてきそうですが、

新茶は母にあげちゃったので…
練り切りとダージリンのペアリングが好きなので…
加賀棒ほうじ茶は今朝飲んだので…
と言い訳いろいろ(笑)。

お昼におじゃましたのに、夕方になった今も、
着ている洋服からかしら?髪からかしら?
お茶の香りがしてきます。
お茶の香り、癒しだな〜
by chetea | 2014-05-09 16:42 | おでかけ

海の家へ

この夏のあいだ、期間限定でOpenしている二三味珈琲の海の家へ。はるばる能登半島の先端、珠洲・木の浦まで。

目的はヨガインストラクター&ネパール料理教室の先生である、おともだちのデビさんの早朝ヨガと海の家ランチ!
前日から能登の主人の実家入り。それでも朝4時起き、4時半出発で木の浦へ向かいます。

普段、山からのぼる朝日に慣れているので、海からのぼる朝日が新鮮。そして美しい!日本じゃないみたいー!
c0222952_1144333.jpg

c0222952_1144496.jpg

数年ぶりのヨガ、しかも4月の腰骨折以来、ストレッチさえまともにしていないので、身体が硬い!痛い!だけど、すごく気持ちいい。
目を閉じて、朝日を浴びて、静かに打ち寄せる波の音だけを聞いていると、自然とココロが穏やかに、身体もすーっと軽くなっていきます。デビ先生の声が心地よく響いて、自分をみつめなおすいい時間が過ごせました。いい汗もかいたしね!

ヨガのあとのおたのしみ。
モロヘイヤと桑の実のスムージー。
モロヘイヤだいすき!青臭さも粘りも全然なく、自然な酸味と甘みで、バランスが絶妙!
c0222952_1144759.jpg

時間は早いので、しばらく海辺をお散歩。カニさんがわらってるよ!
c0222952_1144822.jpg

c0222952_1145160.jpg

c0222952_1145511.jpg

そのあと、珠洲岬までドライブしてから、ランチタイムに再び海の家へ舞い戻り。
お昼は海水浴客で賑わってます!といっても混在のないこの贅沢なビーチ!
c0222952_1145885.jpg

さぁて、おまちどうさま、デビさんが作る日替わりランチのカレーです!
茄子やトマトなどの夏野菜と挽肉のキーマカレー。かぼちゃのつめたいスープもついて1000円。つけあわせも絶妙な味つけなのです。スパイスも効いてて、おーいしー!!!
デビさんの料理教室、行きたいな〜

c0222952_115224.jpg

食後は二三味珈琲のアイスオレね!
今日はおいしいものづくし。
c0222952_115598.jpg

早朝からお昼まで、たった半日の出来事だったけど、めいっぱい夏を楽しんだ、夢のような海の家での時間でした。
by chetea | 2013-08-12 21:22 | おでかけ

中国茶の会in輪島

今日は、輪島・蔦屋漆器店さんへ。
蔦屋さんの女将、yoshikoさんとは、
ちょうど1年ほど前からのおつきあいですが、
もう、とにかくステキな方!!
ステキ度をチェックしたい方はyoshikoさんのブログへ。>>>

実は、ほんの2日前にも、姉とその友人を連れて輪島へ。
そのときは朝市をぶらりとしたあと、
急にyoshikoさんにご連絡して、ギャラリーにお邪魔したのですが、
そんな突然の訪問にもかかわらず、このおもてなし。
こんなの出てきたら、感激して言葉も出ません。

c0222952_21504638.jpg


















そして、中1日を置いて、またまたおじゃまです。
感覚麻痺でしょうか?
輪島までの道のりが妙に近く感じてきました(笑)。

今日はYoshiko's Lunchをいただいたあと、
中国茶を愉しむという贅沢企画。
中国茶は大阪でサロンをされているアンリ先生
教えていただきます。
集ったメンバーには、以前、お米の食べ比べ会を企画してくださったアンジェラさん、
そして、いつかお会いしたいと思っていた、
珠洲のネパール料理教室のデビ先生もいらしていて、
とっても和やかな雰囲気でスタート!!

デーブルにはこんな涼しげな花。
蔦屋さんの大女将が摘んできた野花を、
女将のyoshikoさんがさりげなくあしらう。
おふたりの関係のよさがこんなところにも表れますね。

c0222952_22232763.jpg


















さて、yoshikoさんのお料理は…
見た目はもちろん、お味、演出、すべてが美しいのです。
上質な輪島塗りでいただくお料理は格別です。
ガラスや陶器など異素材のテーブルウェアとのコーディネート、
無限の可能性を感じます。どこまでも奥深い伝統工芸品。

c0222952_2244295.jpg
c0222952_22442977.jpg



































鯛が贅沢にのったサラダは、
ミレユンヌのオイルに塩など4種のシンプルな調味料をふって、
ガシガシと混ぜていただきます。
デビさんのおうちで栽培されたコリアンダーが効いてる〜!

c0222952_22443053.jpgc0222952_22474370.jpg




































盛りつけに、味付けのポイント、素材がおいしくなる裏技など、
あれもこれもとっても勉強になりました。
yoshikoさん、ごちそうさまでした。


さてさて…今日はまだまだ続きますよ〜!
お次はメインの中国茶のお時間です。

テーブルは、yoshikoさんとアンリ先生の手で
あっというまに変身!
どうです!!!この美しさ〜。
まずは大撮影大会(笑)

c0222952_2371980.jpg
c0222952_2391576.jpg




























そして私が作らせていただいたお菓子「夏のシトラスケーキ」も、
美しい器にのせられました。
これまで、数々の美味しいモノを召し上がってきたであろう
セレブなみなさまに、
お菓子のお味を褒めていただいて本当に嬉しい・・・(泣)。

アンリ先生の手元がそばで見られる上席で
ムダのない美しい所作を拝見!
ひょうたん型の茶こしもかわいいのです。
ポットのフォルムも、ウォーマーもこんなにステキ!

c0222952_237191.jpgc0222952_23163320.jpg




































中国緑茶6種、紅茶1種をどれも4煎目まで愉しみ、
それぞれの香り、味わいを堪能!
ボキャブラリーが乏しくて、うまくその味を言葉にできない
もどかしさ。。。
でも、はじめてこれだけじっくり中国茶を飲み比べて、
紅茶以上に奥深い世界にとっても感心!

茶殻もいろいろで、本当におもしろい!
アンリ先生、心底お茶が好きなんでしょうね。
お茶好きならではのセリフをぽつり。
茶殻を前にして、「愛おしくてたまらない」と(笑)。

c0222952_2372162.jpg
c0222952_23232088.jpg





















今日は刺激と感動と、うれしさとたのしさとおいしさと…
いろんな思いでいっぱいの一日になりました。
yoshikoさん、アンリ先生、ご一緒いただいたみなさま、
本当にありがとうございました。
お茶でつながるご縁に感謝感謝です。
またお会いできますように。
by chetea | 2013-07-09 23:33 | おでかけ

隠れ家フレンチへ

大人になってゆっくり会うこともなくなってしまった
従姉妹たちといっしょにランチにいってきました。

c0222952_21252844.jpg


















犀川沿いの町屋フレンチ「ラ・ネネグース」。
金沢では有名な老舗フレンチですが、
移転前のお店は、憧れのまま行けずじまい、
こちらに移転してからも、初めて訪れました。

c0222952_21253120.jpg


















気持ちのよいお天気で、1階は犀川に向かって窓全開!
川の水音が聞こえる、明るく開放的な空間です。

c0222952_21252897.jpg


















2階のこの昭和モダンな感じの空間も
捨てがたく迷いましたが、1階のお席に落ち着きました。

c0222952_2125299.jpgc0222952_21252981.jpgc0222952_21253082.jpg
c0222952_21253097.jpg







































































アミューズからデザートまで、どれも本当にいいお味。
特に野菜の彩りがとても美しく、
ひとつひとつにこだわりが感じられました。

気取りすぎない雰囲気、さりげないサービス。
とっても心地のよいお店でした。

従姉妹たちと懐かしい会話を楽しみながら、
とてもいい時間を過ごしました。
大人になったね、わたしたち。
by chetea | 2013-06-10 21:38 | おでかけ

探検にいこう!

いつも車で通っている川沿いの道から、
ちいさな橋が見えます。
その先はどうやら森の奥に通じているよう。
いつも、あの道の先はどこにつづいてるんだろうね?
トトロの森みたいになってるのかな?
いつか探検してみたいね、と娘と話していたのですが、
今日、ついにそのときが!

女3人探検隊結成!
自転車で森の奥へとすすんでみました。

木が生い茂ったトンネルをぬけると、
思いの外明るく開けた水田が広がっていました。
あら、なあんだ、こんな感じなんだ!
もっと深い森に入っていくのかと思ったら。

c0222952_18114520.jpg
















ずっとここに住んでるけど、知らなかった。
こんなところがあったんだね〜。のどかだね〜。
…そうこうしているうちに、再び暗い森に入り、
コビトたちのテーブルと椅子かしら?という感じの
切り株が出てきたり、
大きな杉の木に囲まれたり…

c0222952_18121172.jpg
















草でわだちも隠れそうなほどの山道も通過し、

c0222952_18114513.jpg
















カエル、オタマジャクシ、カメ、
ヘビイチゴや野花など、
いろんな小動物や草花に出逢いました。

そして、娘から小さな小さな黄色の花をもらいました。

c0222952_18114627.jpg
















ずっと自転車を押しながら歩いているうちに、
なんとなくどこにつくのか、見当はつけていたのですが、
最後は思っていたところとちょっと違うところに出ました。
森の探検、なかなか新しい発見もあって、楽しかったです。
娘にとってもいい経験になったよう。
街中に住んでたら、こういう経験もできないものね。

こんな野山があるこの町が
私は好きです。
by chetea | 2013-06-08 18:27 | おでかけ

富山旅〜ファミリー編〜

〜マニアック編〜よりつづきます。

さすがにマニアックな円筒分水だけを目的に
家族を旅に巻き込むのは…マズイ(^_^;)
なんといっても娘が「うん」といわないでしょう。

というわけで、一応いってきましたよ、公園などなど。
富山ってお隣なんだけど、滅多にいかないので情報が乏しい!
富山在住の友人にお助けマンになってもらいました〜!

スタバのストアデザイン賞2008年・最優秀賞を受賞した
「スターバックス富山環水公園店」へ。
スタバのコンセプトショップのひとつです。
過去のこととはいえ、
一度は世界一美しいと認定された店舗、興味あり。
ちなみに現在は、ドバイのスタバが世界一だとか!?
ワンちゃん連れの人たちでけっこう混んでましたが、
デッキで公園を眺めながら飲むティーラテ、いいね!

c0222952_22375033.jpg











この環水公園、ステキでした。
なんというか、金沢にはない風景というか。
都会の中のオアシスみたいなイメージ。
すごく整備されて整ってるんだけど、嫌みがない感じの
気持ちのいい公園です。

娘と主人は運河にかかる橋の両端の塔を結ぶ
糸電話でなにやらモジョモジョお話を。
ホントに聞こえる〜♪

c0222952_2238476.jpg


















はーい、お次はファミリーパーク。
一応動物園なんだけど、
ちょっとさびれた感じなのが逆によくて(笑)。
芝生公園でお弁当を広げてたべました!

キャ〜!クマが出た!!

c0222952_224449100.jpg


















な〜んてね。
園路にこういう古めかしいニセ動物が潜んでる(笑)。
そしてさびれ系動物園や遊園地の定番、
顔だして写真撮るやつ。
あの〜、人間の手、横から出ちゃってますから。

c0222952_22523896.jpg












「公園行きたい」が口癖な娘のために、
他にも市内の公園を2カ所ほどまわりましたよ。

最後はごはん。郊外のビストロへ。
ビストロSMAPでも紹介されたらしい?!
「世界に3つしかないピザ釜」があるお店へ。
ピザ生地は塩味がきいたもっちり系のナポリピザ。
パスタや前菜はオリジナルな素材のくみあわせが
多く、ほのぼのとした家庭的な味わいでした!

c0222952_927313.jpg
















なかなか遠出しないうちの家族。
でも近場でこれだけ楽しめれば十分です。
そして富山の魅力、ちょっとはまりました。
また行こうっと!
次は富山の友達とゆっくりまわりたいな。
by chetea | 2013-06-05 09:30 | おでかけ

富山旅〜マニアック編〜

お隣の富山へ行ってきました。
立山アルペンルート?宇奈月トロッコ?
いえいえ、目的はこちら。

c0222952_1062191.jpg
c0222952_106199.jpg





















何?って思うでしょうね、そりゃそうです。
これ、「円筒分水」と呼ばれる農業用水施設。
マニアックすぎるって?わかってます(笑)。
新聞に載っててちょっと気になったので、
行ってみました。

魚津市に流れる片貝川は、古くから急流として名高く、
豪雨時の水害や夏期の水不足に悩まされ、
いつも沿岸の地域では水争いが絶えなかったそう。
そこで、沿岸の用水に均等に水を分けるために
この円筒分水が作られたわけです。
上流からの水量が多いときも少ないときも
公平に水を分けることができるという
先人の卓越した技術と熱意の大成!

写真ではなかなか迫力も美しさも伝わらなくて残念…。

新緑に囲まれた山。そばには片貝川が流れ
お天気のいい日には立山も見える美しい風景のなかに、
突如あらわれた、水のオブジェみたい!
円のまんなかから盛りあがるように大量の水がわき出てて、
円径360度から水が線になって滝のように落ちています。
水のすぐそばまでいくことができるので、
水の音も勢いもすごいのです。
夏ならこの円のなかに飛び込みたくなるはず。
なんてったって、富山は水自体がキレイですしね。
公園の噴水よりず〜っと癒されますよ。

最近、工場夜景とかけっこうマニアックなものが話題ですが、
なんだか分かる気がするんですよね・・・。
興味のあるかたは、ぜひどうぞ。
(場所は魚津市東山です)
by chetea | 2013-06-03 10:24 | おでかけ